天満橋・蒲生・都島の塾|☆逆転合格専門☆ 学習塾PLANT!@大阪

天満橋・蒲生にある学習塾PLANT!代表根本による何でもブログ!

二十過ぎれば只の人、のお話

「十で神童 十五で才子 二十(はたち)過ぎれば只(ただ)の人」という言葉があります。 幼いときは並外れた才能の持ち主だと思われていた子供も、成長するにしたがって、まったくの平々凡々の人になることが多いというたとえですが、この言葉にはいろいろな見方…

間違いに向き合う、という話

みなさん、問題を解いたときにきちんと間違い直しはできていますか? 成績を上げるには、間違えた問題を復習するのが最も効率が良いです。 一度間違えたところは、ミスにせよ理解が追い付いていなかったにせよ、自分の弱点になる可能性があるものになりやす…

もう夏ですね、というお話

最近、暑いですよね。 突然35度越えの日が続いたかと思えば、次の日には突然雨が降って、その次の日にはまた30度を大きく超え... といったように、単に暑い日だけでなく、蒸し暑かったり、寒暖差があったりと、体調を崩しやすくなっています。 そんな夏です…

ハレとケの話

先日、こんな質問がありました。 「先生、『け』ってどういう意味ですか?」 最初何について話しているのかわかりませんでした。 体毛などの毛?個数などを数えるケ?霞ヶ関などに使われる地名固有のヶ??? よくよく話を聞いてみると、質問の内容は「ハレ…

あえて習慣を変えてみる、というお話

日常がどこか、繰り返しだと思うことはありませんか。 朝起きて、学校や仕事に行って、夜寝る。ある種ルーティン化、習慣化されている行動は、良くも悪くも安定しているといえます。 しかし、人間の脳はどこかで飽きが来るように作られています。 これはいわ…

今年も面談の時期になりました・・・!

こんにちは!夏休み前、面談の時期が来ましたね。今年もいろいろな課題や目標に向き合いながら親御様や生徒の課題解決出来ればと思っております! 最近、塾入ってくれた親御様からこんなお言葉頂きました☆ 「授業が楽しいみたいです!」 「授業時間増やして…

勉強前の掃除、のお話

勉強する前に掃除をしたくなること、ありますよね。 掃除をしていたらいつの間にか時間が経ってしまい、勉強をする時間が無くなってしまった、という経験、皆さんも一度はあるのではないでしょうか。 実際に、ある調査では、テスト前など勉強をしなくてはな…

発想は発明ではない、というお話

主に数学(算数)や国語の読解などの「思考」がメインとなる教科で、「発想」が必要になる場面は多くあります。 どういったところに補助線を引き、どういった角度から問題を見るのか。 問題文が伝えたいことは何で、出題者は何をしてほしいのか...挙げ始めると…

精神論の話

「精神論」という言葉があります。 この言葉を辞書で引くと、『事実や数字に基づいた客観的、論理的な考え方ではなく、精神と物質の関係に対する主観に依存する物事の考え方。』と出てきて、 世間では古い考え方だとされています。 しかし、本当にそうでしょ…

テストで使える!?眠気覚まし、のお話

みなさん、テストや授業で眠くなった経験はありませんか? 長い時間勉強を続けていたり、座り続けたりしていると、眠くなるのはよくあることです。 そんな時に、周りに気づかれず、眠気を覚ます方法を知っているとよいと思いませんか? 今回はテスト中や授業…

「記憶を掘り起こす」お話

勉強には、覚えることが多くあります。 特に社会や理科はよく「暗記科目」と言われるように、覚えること自体が勉強で最も大切、という意見も、一理あると思います。 しかし、人間は覚えたものを思い出すとき、必ず「考えて」います!その手順について、今日…

バランスに抗う勉強、のお話

勉強においては、バランスが大切です。 広いところではいろいろな教科を、狭いところでは単元や分野など、 様々なところでバランスが求められることになります。 苦手の克服というのは、言い換えると自分の勉強における能力を均(なら)すことであるといえます…

2種類の学習は"同時に"できる!

長い時間を勉強に費やすと達成感を得ることができます。 しかし勉強は時間をかければいいというものではありません。 同様の学習を何時間も続けてしまうと脳が疲れたり、飽きたりしてしまうため思考が止まってしまい、 時間をかけた割にはあまり身についてい…

「入試は画一性の試験だ」というお話

大人から見た入試は、極端な言葉を使うのであれば、 統一されたルールの下「勉強」という道具を使って椅子を奪い合う競技と言えます。 そして、そのルールに迎合できる人間が強いという、 平等かつ不公平なレギュレーションであるとも言えます。 学習塾とい…

勉強で使う「KPT法」のお話

ビジネスの現場でよく使う言葉に、「KPT法」というものがあります。 これは、プロジェクトの結果などを振り返るのによく使う方法で、 「Keep(成果が出ていて継続すること)」「Problem(解決すべき課題)」を洗い出して分析し、 具体的な改善策としての「Tr…

三日坊主にならないために

何か物事を行う際、計画通りに進行しているにも関わらず、 途中から面倒になり「明日にしよう」としてしまったり、違うことに意識を取られてしまう経験がおありでしょうか? このように、初めはやる気に燃えているが時間がたつとやめてしまうことを「三日坊…

ANTをなくす勉強法、のお話

プログラムの用語で、バグという言葉があります。 ご存じのように、コンピューター上のプログラムにおける欠陥や不具合、誤りのことを言いますが、 これは英語の(小さな)虫を指す、bugが語源であるとされています。 実は、ある意味同じような言葉が臨床神経…

STEAM教育の"A"のお話

近年の教育のキーワードに、「STEAM教育」というものがあります。 これは旧来から指摘され、実践されてきた「STEM教育」に「A」を足したもので、 それぞれ「Science(科学)」「Technology(技術)」「Engineering(工学)」「Mathematics(数学)」そして「Art(芸術…

優柔不断な人の判断基準、のお話

突然ですが、あなたがディナーを食べにレストランに来たとしましょう。 最初のドリンクは何を頼むでしょうか。 …ここで聞きたいのはあなたの趣味嗜好ではなく、その結論に至った時間と思考回路です。 例えばアルコールが得意な方はお酒から選ぶでしょうし、 …

話をまとめる魔法の言葉

文章や会話は、長くなればなるほど様々な言葉が出てきて情報量が多くなってしまいます。 書き手や話し手がわかりやすくなる工夫をしても、聞き手が頑張って理解しようとしても内容をすべて理解するのはとても難しいことです。 さらに、内容が濃ければ濃いほ…

予定と計画のお話

あなたが最近予定を管理するとき、何を使って管理しているでしょうか。 手帳、アプリ、カレンダー...それぞれの方法があると思われます。 では、どれくらいの細かさで予定をつけているでしょうか。 日単位、時間(hour)単位、人によっては分単位の方もいらっ…

文系・理系を決める指針、のお話

高校に入った直後、おおよそ高校1年生の夏から秋ごろに、 文理選択という一大イベントがあります。 これは、2年後の受験をはじめ、大学(院)生活においての研究、ひいては就職に至るまでの方向性を16そこらの少年少女に決断させる残酷なイベントといえますが…

モチベーション回復の秘訣

勉強は「毎日続けることが大切」とよくいわれます。 しかし、そのような勉強方法では知識が身につかず、逆効果になってしまうこともあるのです。 学習へのモチベーションが下がっている時に、 無理をして続けると「もうしたくない、いやだ」という気分になっ…

好奇心の強い子供に育つ環境 4ポイント

好奇心は大人になってからもその人を突き動かす原動力であり、財産です。 今回は、好奇心が強い子供がいる環境の主な特徴を紹介していきます。 1 周りの大人が先入観を持たない 親はいつでも子のことを気にかけているものです。 そのために自分の子供はこう…

受験生がやってはいけないこと 5選

今回は受験生ならやってしまっているかもしれない、間違った行動について紹介していきます。 自分のやっていることが正しいか迷っている方はぜひご覧ください。 1 1つの教科にたいしてたくさんの参考書に取り組む 色々な問題への適応力を高めようとして、…

ラジオ勉強法とは

日本人のラジオ聴衆時間は1日に約2時間と言われており、 子どもたちに関してはラジオをまったく聞かない方も多いと思われます。 しかし、同様のニュースを聞くにしてもテレビよりラジオの方が五感への影響が強いと言われています。 テレビの場合、ニュース…

脳を「落ち着かせない」ために

「正しい勉強の姿勢」とはどのようなものでしょうか? 筆記用具とノートを広げて机に向かって黙々と取り組む様子を想像される方が多いと思われますが、 このようなイメージにとらわれることはないのです。 このように同じ姿勢を続けて取り組むよりも、 落ち…

「正解のない問題」に立ち向かう、議論(ディスカッション)のお話

テストという目標に向かう場合、一般に自分の答案は「正解」か「不正解」のどちらかに区別されます。 この手法はある意味残酷で、〇と✕、黒と白、0と1の2つでしか物事をはかられていない、ともとらえることができます。 受験というゴールを設定した場合、そ…

ゲームをプラスにするには

みなさんゲームはプレイされますか?もしくはお子様はゲームをされますか? ここでのゲームはボードゲームやトランプゲームなど知育の際に有効とされるゲームではなく、テレビゲームやスマートフォンゲームのことを指します。 これらはボードゲームとは違い…

「負けに不思議の負けなし」というお話

テストが返ってきたとき、子どもたちは何をしたがるでしょうか。 この問いに対するもっとも単純な解答は、「比較」です。 自分との比較をする子もいれば、目標との比較をする子もいらっしゃいます。 そして最も多い比較は、他者との比較です。 「〇〇くんよ…