天満橋・蒲生の塾|☆逆転合格専門☆ 学習塾PLANT!@大阪

天満橋・蒲生にある学習塾PLANT!代表根本による何でもブログ!

【学習法】間違いは消さない!子供のノートは綺麗すぎても良くない

 子供にノートを取らせるうえで意識してほしいこと、それは




「綺麗に書くことを意識しすぎない!」




ということです!





ノートを綺麗にすることに時間をかけすぎない!

「ノートを綺麗にとりましょう」




というと、ついつい子供は凝ったノートにしてしまいがちです。




 例えば、何色もの色を使ったり、見出しの書き方に時間を使いすぎたり、とか。




 ハッキリ言って、それは時間の無駄です!




 ノートは綺麗である必要はありません!




 大切なのは




・字は丁寧であるか




・字は正確に書けているか




ということ。




 正解な字であれば多少下手でも構いません。






間違いは必ずそのまま残そう

 綺麗さが重要ではないとすると、どのようなノートが良いのでしょうか?




 それは「間違いをそのまま残したノート」です!




 間違いがそのまま残っているノートは、確かに見栄えが悪いですね。




 しかし、そのようなノートでないと




「自分がどこで間違えたのか」




を後で見直すことが出来なくなります。




 特に数学や英語では単純ミスで点を落としがちなので




「間違いこそ、財産である」




と子供に教えることがおすすめです。






やり直しノートの作り方

 先ほど、間違いはそのまま残した方が良いと書きました。




 ただ、こういうと本当に




「間違えたまま」




で終わらせてしまう子供たちが出てくるかも、知れません。




 そこで




「なぜ出来なかったのかを特定する」




ためのノートである




「やり直しノート」




を作らせるようにしましょう!




 ノートの左側部分に間違った問題と、その解答を書きます。




 この時、ただ書き写すのではなく、一文一文理解しながら書き進めることが重要です。





 ノートの右側部分にはなぜ間違ったのかという原因や、次はどうすれば良いのかという解決策を書き出しましょう。




 このようにして、やり直しノートを作っていくことによって、自分が引っかかりやすいポイントをあぶり出すことができ、間違いのパターンも把握しやすくなります。




 また、復習をする際に、自分がつまずいたポイントがまとまっているので、効率化を図ることができます。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【学習塾PLANT】

2014年12月に大阪市天満橋に根本が開校した進学教室です。最初は高校受験の塾としてはじまり、後に中学受験・大学受験を対象としたクラスを開講。

 

小学生、中学生、高校生の偏差値25~75までの生徒を教えた結果、

日本の教育には無駄が多いと痛感しています。もっと効率よく学びましょう!

 

ゆる~い個人塾ではありますが、「効率的な勉強法」を生徒に伝え、

生徒達をいっぱい「認める」事をして、どこにも負けない「カリキュラム」を生徒に合わせて作っております!今では、継続して通ってくれている生徒たちが、偏差値10ぐらいあがるのも普通になってきています!毎年、第一志望合格率約8割で合格してくれて嬉しいかぎりです!

 

興味のある方はぜひ

plantjuku@gmail.com

コピペしてメールください!

HPはこちら

学習塾PLANT 正しい勉強方法を学ぶ個別指導 天満橋・南森町/蒲生・今福